【Canva】アイキャッチ画像3分で完成

use-canva
スポンサーリンク
Maru
Maru

上に設置したこのアイキャッチ画像は、Canvaで作りました。

なんと3分で出来上がり! 私もビックリです。

テンプレートを利用することで、作業効率化、時短になりました。

こんなに便利なCanvaをご紹介
「3分で仕上げたアイキャッチ画像の作り方」についても図解を使ってわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

初心者向けのデザインツールCanva(キャンバ)

初心者向けである理由

Canvaでは、プロデザイナーが作った多数のテンプレートが用意されています。 スタイリッシュなテンプレートをカスタマイズしながら、自分好みのデザインをつくる事ができる。 テンプレートを利用することで、スキルやセンスなくてもレベルの高い作品を、初心者でも簡単に作ることが可能なのです。

専門的スキルが必要とするPhotoshop、Illustratorと異なり、Canvaは直感的な操作ができるから、初心者に最適なツールと言えます。

多数のテンプレート・素材(イラスト・写真)が使用可

無料版で使用できる写真やテンプレートの数や種類が豊富。有料版を使用すれば、更に使える素材は広がります。

また、自分が保有しているお気に入りの写真やイラストなど、お手元にある素材をクラウドストレージにアップロード。Canvaテンプレートでおしゃれに加工する事もできます。

多機能で汎用性が高い

無料で使えるクラウドサービスによるデザインツール。インストール不要、ブラウザ上で使用、アカウント登録で作成データはクラウド上で管理できる。

利用できるデバイスは、パソコンとタブレット・スマホの両方。

また、画像を透明化、動画をトリミングしてのを差し込むこともできる。

無料プランでも多機能過ぎて、操作に迷うこともあるかもしれません。

スポンサーリンク

「Canva」運営会社

2012年 豪 キャンバ(Canva, Inc.)はオーストラリアで設立
2013年 「Canva」をリリース。
2017年5月 株式会社KDDIウェブコミュニケーションズと日本の独占業務提携契約を締結。
2020年5月 Canva Japanの運営会社が株式会社KDDIウェブコミュニケーションズからサービス提供元の豪Canva Pty, Ltd,に変更。

無料版と有料版の違い

Canvaフリー(無料版)で使用できる機能

25万点超のテンプレート利用可
デザインタイプ(ソーシャルメディアの投稿、プレゼンテーション、手紙など)100種類以上
写真とグラフィックス多数
チームにメンバーを招待
リアルタイムでのコラボレーションやコメント
5GBのクラウドストレージ

Canvaプラン ページより

  • メモを見ながら、録画も同時にできるプレゼンテーション機能が便利
  • 作成したスライドをウェブサイトとしてパブリッシュ(公開)できる
  • エクセルからコピーした数値できれいなグラフの作成
  • SNS、メール、Slackへ直接投稿
  • デザインを「編集できるリンク」「閲覧できるリンク」の発行
  • 図を上下左右に反転
  • 写真の明るさや色相、彩度を補正してデザインに馴染ませる

Canva Pro(有料プラン)

無料の機能に加えて、以下をご利用可能
プレミアムストック写真、動画、オーディオ、グラフィック1億点超
常に新しいデザインが追加される
61万点以上のプレミアムテンプレートと無料25万点超テンプレート
最大100組のブランドキットを使用して、ブランドやキャンペーンのカラー、ロゴ、フォントを簡単に保存&適用
背景リムーバで、写真の不要な背景を瞬時に削除
マジックリサイズ機能でデザインのサイズを自由に変更
チームが使用するテンプレートとしてデザインを保存
100GBのクラウドストレージ
8つのソーシャルメディアプラットフォームにコンテンツを予約投稿

Canvaプラン ページより

  • 月額1500円、年単位で申し込めば年額12,000円で割安
  • チームでの使用も可能で、1~5人まで同額で使用可。5人で利用するなら1人当たり月額300円。格安コストでお得です
  • 背景リムーバ機能(背景を白抜きにする)
    Kaleido.ai買収により、高性能な画像認識・解析AIと自動化ツール、ワンクリックで作成できる製品モックアップ、写真・動画編集機能を強化
  • ブランドキット機能(ロゴ、カラーの登録)はクラウド上に保存されているので、チームで使用したり、デバイスをかえてもすぐに取り出して使える

 

Canvaの使い方

アカウントを作成

Canvaアカウントを作成します。アカウントを作ると、5GBのクラウドストレージが無料プランで利用できます

無料プランでCanvaアカウントを作るには、Canva Proへアクセス
「ずっと無料」と「プロ」が並んだ画面に入ります

「ずっと無料」フレーム内の下にある「デザインを開始」をクリック
Canva「ホーム」画面に入ります
use-canva
登録  をクリック
use-canva
Google またはFacebook、メルアド、希望のアカウントで登録
Canvaアカウント取得後、ログインすればCanva無料版が使えます。

アイキャッチ画像|3分で出来上がり

WordPressユーザーとしては、Canvaでアイキャッチ画像がで作れるようになりたいです。

 

Maru
Maru

Canvaテンプレートを使えば、アイキャッチ画像がわずか3分で出来上がり!
操作はとても簡単だから、初心者におすすめなツールだよ

 

アイキャッチ画像を作っていく過程を解説していきます

画像サイズを指定

カスタムサイズで、作成するアイキャッチ画像のサイズ指定できます。

use-canva

Canvaのホーム画面 》 画面右上 カスタムサイズ  をクリック
WordPressアイキャッチ画像の最適サイズ

縦630ピクセル×横1,200ピクセル(縦横比1:1.91)
Googleでは横1,200ピクセル以上、縦×横の解像度は80万ピクセル以上の画像を推奨しています
最適サイズを「カスタムサイズ」入力
1200 × 630   と入力しクリック
無料版は、加工後のサイズ変更はできません。加工後にサイズ変更する場合は、有料版にする必要があります。画像サイズの修正がないようによく考えて加工前に指定しましょう。
使用目的(プレゼンテーション、ロゴ、サムネイル)によって、既に大きさが設定されているテンプレートともあります。テンプレートそのまま使用することも便利
Canvaは、加工した画像データは、自動保存されます

デザインはテンプレートを使用

カスタムサイズを指定すると、左サイドバー「テンプレ」、右側に白紙台紙、に入ります。

use-canva

左サイドバー「テンプレ」下にスクロールすると、たくさんのテンプレートが表示

お好みのテンプレート画像 をクリック

右側に白紙台紙 にクリックしたテンプレート画像データが表示されます

use-canva

右側に表示されたテンプレート上にマウスポインタをあてると、四角の青線フレームが表示。そのフレームに囲まれたイラストやテキストは、パーツのように移動・削除できるようになります。

四角の青線フレームに囲まれている部分をワンクリックでアクティブ化
そのアクティブ化した四角フレームで囲まれたパーツをドロップ&ドラッグで移動
台紙外にドロップ&ドラッグで削除できます

また、左サイドバーの「素材」をクリック、表示された素材リストを選んでクリックすると、右側台紙上に表示されているテンプレート上に追加される。

👑王冠マーク
左サイドバー「素材」をクリックすると、多数の素材が表示されます。各素材の右下に「👑王冠マーク」入っているものは有料です。無料プランでは使用できません。

テキスト|文字を入力

左サイドバー「T テキスト」をクリック 》 左サイドバー「見出しを追加」 をクリック

加工中の台紙上に 見出しを追加 表示

use-canva

画面右側にある台紙に表示された 見出しを追加  をワンクリックすると、アクティブ化。希望の文字列を入力する
(例:「Canvaを使う」と入力)

➡ の四角の角にある○マークをドロップ&ドラッグすれば、テキストの大きさを調整できます。

画面上部バーの 「テキストの色」  をクリック 》
左サイドバーに色の設定バーが展開 》 希望の色をクリック
use-canva

 

希望の色がない場合、色をカスタマイズできる

「使用中のカラー」直下にある「+ プラスマーク」をクリック 》
パレットが表示され、お好みの色をワンクリックで追加できる
これで、アイキャッチ画像は出来上がりました。
画像データは、サイトの表示速度を重くするので、アップロードする前にできるだけ圧縮しましょう。

画像圧縮の方法はこちら

 

まとめ

Canvaはとても便利なデザインツール

  • クオリティの高いデザインをテンプレートを使用することで実現
  • 専門的スキル不要で、直感的な操作が可能なので初心者向け
  • 業務効率化・時短に効果的
  • 多数のテンプレートや素材が用意されている

Canvaを使ってみて「いろいろ遊べるので楽しい。他にもおもしろい使い方ができそうだ」と感じました。自分の使い方次第で、可能性が広がるアプリですね。まだ使ったことのない機能もあるので、いろいろ試してみようと思います。

無料版でも十分過ぎる機能が備わっているCanva。まずは、アカウントを使ってCanvaを試してみて下さい。

また、有料版を使ってみたいと考えている方も、30日間無料で有料版をお試しで使用できます。

Canvaのおもしろさを実際に体験してみると、Webサイト運営の幅も広がり、楽しみながら効率的な記事づくりができると思います。