初めてのGoogle サーチコンソール

get-google-search-console
スポンサーリンク

 

「Google アナリティクス」と「Googleサーチコンソール」ってどう違うの???

 

google-analytics-man

Google アナリティクス

検索エンジン+その他方法でアクセスするユーザーに関するデータが取得できる

  • アクセスしてくれたユーザー数
  • 自分のサイトへ滞在してくれた時間
  • アクセスしてくれたページ
  • 流入した経路(検索エンジン・外部サイトのリンクで流入、SNSなど)
  • ユーザー属性(年齢・性別・国や地域・新規またはリピーターなど)

 

get-google-search-console
Googleサーチコンソール

検索エンジンでアクセスするユーザーに関するデータが取得できる

  • 検索で表示された回数
  • クリック数
  • クリック率
  • キーワード検索で掲載された順位
  • サイトの問題点がわかる

 

Maru
Maru

2つとも、Googleが無料で提供してくれるツールだよ

 

 

 

 

スポンサーリンク

Google サーチコンソール(Google Search Console)とは

Googleサーチコンソール(Google Search Console)とは、Googleが提供しているインターネット検索の分析ツールgoogle-analytics-man

  • 無料で利用できる
    「Google アナリティクス」の有料版「アナリティクス360」のような有料アップグレード版はない
    すべて無料で利用できる
  • Google検索経由で、検索されたキーワードや検索順位などのデータを取得できる
    検索キーワードやワード表示回数、検索順位の推移を分析表示
  • サイトの構造的なエラーやペナルティ、ガイドライン違反など、サイトが抱えている問題点を、Google先生がおしえてくれる
  • ハッキングなどセキュリティリスクの気配を察知したら、Google先生がサイト管理者に危険が迫っていることを知らせてくれる
  • 新しい記事を公開したり、リライトや修正したら、Google検索エンジン(BOT)にインデックス登録してもらうために

    私のサイト見に来てね!

     

    OK!

    と、お知らせできるget-google-search-console

  • Google先生の意図が理解できる(アルゴリズム方向性を推定)
    サーチコンソールの搭載される新機能が、今後SEO上の重要な指標になると予測できる
  • Google先生が、サイト運営のちょっとした成果をみて励ましてくれる → モチベーションアップ⤴

 

参考:Google Search Console 概要

 

Maru
Maru

Googleサーチコンソールは、Google先生のアドバイスを聞くための便利ツール
あなたのWebサイトのパフォーマンスが向上するように助けてくれるよ

スポンサーリンク

Googleサーチコンソールの設置方法

Googleアカウントの作成

「Google サーチコンソール」は、Googleが提供するサービスなので、「Googleアカウント」が必要
Googleアカウントを持っていない方は取得しましょう

プロパティをGoogle サーチコンソール アカウントに追加

Webサイトのプロパティタイプを選択して、Google サーチコンソール アカウントに追加します

「Googleサーチコンソール」へアクセス

「Google Search Consoleへようこそ プロパティタイプの選択」画面に入ります

get-google-search-console

プロパティタイプは2つ

  1. 「ドメイン」プロパティ
  2. 「URLプレフィックス」プロパティ

 

「プロパティ」とはなんだろう?

Maru
Maru

「Googleサーチコンソール」のプロパティは、データの計測範囲だよ

「ドメイン」プロパティ

get-google-search-console

「ドメイン」で登録  する方法

右図は、プロパティ選択の理解を助けるために、サイトの階層構造を可視化したもの

「ドメイン」  とその傘下にあるサブドメインなどを含め、すべて( ② ○の範囲が「Googleサーチコンソール」の計測対象になる

 

【例】ドメイン「example.com」 で登録 ⇒ そのドメイン傘下にある(下記)すべてを計測

  • プロトコル名
    「http 」「hppps」
  • ホスト名
    「wwwなし」「 wwwあり」
  • サブドメイン
    「http://support.m.example.com/dresses/1234」
    黄色線部分がサブドメイン)

プロパティ example.com

 http://example.com/dresses/1234   
https://example.com/dresses/1234
http://www.example.com/dresses/1234
http://support.m.example.com/dresses/1234

出典:Google Search Console の概要 ウェブサイト プロパティの種類

 

「URLプレフィックス」プロパティ

プレフィックスとは「接頭辞」

赤マーカー部分が「接頭辞」

  • プロトコル名
    http://~」 あるいは 「https://~」
  • ホスト名
    「http://~」(www.なし) あるいは 「http://www.~」
「URLプレフィックス」とは

「ドメイン」傘下にある「URLプレフィックス」で登録  する方法

 

右図は、プロパティ選択の理解を助けるために、サイトの階層構造を可視化したもの

 

 

指定した接頭辞のあるURL(URLプレフィックス)が「Googleサーチコンソール」の計測対象になる

ドメインの傘下にある一部( ④ ○の範囲)が「Googleサーチコンソール」の計測対象になる

【例】プロパティをURLプレフィックス「http://~」で設定したの場合
「https://~」や「https://www.~」は「Googleサーチコンソール」の計測対象外になる

プロパティ http://example.com/

 http://example.com/dresses/1234
🅧 
https://example.com/dresses/1234 – https が一致しません
🅧 http://www.example.com/dresses/1234 – www が一致しません

出典:Google Search Console の概要 ウェブサイト プロパティの種類

 

 

そもそも「www.」って何?

「www.なし」 と「www.あり」で違いはあるの?

Maru
Maru

「www」とは、「World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)」のこと
1つのWebサイトには、「www.あり」と「www.なし」、2つのURLが存在する
「www.」ありなし関わらず、同じWebサイトにアクセスできるよ

BOT
BOT

「Googleサーチコンソール」のデータ収集は、私(BOT)が担当
私たち「検索エンジン(BOT)」は、「www.あり」と「www.なし」を別々のURLとして認識しています

Maru
Maru

だから、GoogleサーチコンソールでプロパティをURLプレフィックス選択する時は、「www.あり」と「www.なし」を正確に設定しよう
そうすればBOTさんが、あなたのサイト運営に役立つデータを収集してくれるよ

 

プロパティタイプ「ドメイン」の設定方法

プロパティ「ドメイン」設定の場合、所有権確認方法は「DNSレコード」のみ

 

「所有権の確認」って何でしょう?

Maru
Maru

「Googleサーチコンソール」では、そのWebサイトの機密情報が表示される
だから、第3者にあなたのWebサイトの情報が漏洩しないように、本当のWebサイト所有者か確認する手続きだよ
あなたの大切なWebサイトの情報を守ってくれる
面倒だけどしっかり設定しよう!

 

Googleサーチコンソール設定画面からTXTレコードをコピー

「Google Search Consoleへようこそ プロパティタイプの選択」画面に入ります

get-google-search-console

登録するドメインを入力  》 「続行する」 をクリック
「DNSレコードでのドメイン所有者の確認」画面に入ります
get-google-search-console
「2. 以下のTXTレコードを(登録したいドメイン)のDNS設定にコピーします」の右横にある「コピー」 をクリック
ここでコピーしたTXT(テキスト)は、レンタルサーバー管理画面に貼り付けます(次に解説)

レンタルサーバーの設定

ここから、レンタルサーバー管理画面の設定
レンタルサーバー会社によって管理画面の仕様が異なる場合があります
使用しているレンタルサーバーにログイン
》 レンタルサーバー管理画面「DNSレコード設定」をクリック
》 ドメイン一覧が表示 Google サーチコンソールに登録予定のドメインを選択
》 「DNSレコードの追加」をクリック
》 「設定対象ドメイン」をGoogle サーチコンソールに登録予定のドメインであることを確認
》 「ホスト名」は空欄
》 「種別」:「TXT」
》 「内容」:Google サーチコンソール画面「DNSレコードでのドメイン所有者の確認」にある「2 以下のTXTレコードを(登録したいドメイン)のDNS設定にコピーします」でコピーしたTXT(テキスト)を貼り付け
》 「優先度」は「0」になっている デフォルトのまま
》 「確認画面へ進む」をクリック
「確認画面へ進む」に入ります
画面内容を確認
》 画面右下にある「追加する」をクリック
「(登録したいドメイン)にて、DNSレコードの追加が完了しました」と画面に表示されたら、サーバーの設定は完了

Googleサーチコンソール設定画面に戻る

get-google-search-console

 

画面右下にある「確認」 をクリック

「所有権を証明しました」 と画面に表示されたら、Google サーチコンソール アカウントに追加完了です

場合によっては、反映に時間が必要な場合があります(1日ほど)
時間経過後、改めて確認してください

プロパティタイプ「URLプレフィックス」の設定方法

プロパティ「URLプレフィックス」の場合、以下の通り所有権確認方法は複数あり
  1. HTMLファイルのアップロード
  2. HTMLタグを書き込む
  3. Google アナリティクストラッキングコード
  4. Google タグマネージャーを設定している場合、同じプロパティであることを伝える
  5. ドメイン名プロバイダ(ドメイン販売会社)にログインし、DNS設定にTXTレコードを貼り付け
今回は、おすすめな所有権確認方法(手続きが簡易)「Google アナリティクストラッキングコード」を解説します
「Googleサーチコンソール」設定前に、「Google アナリティクス」を設定してGoogle アナリティクストラッキングコードを取得
Google アナリティクストラッキングコードを取得したら、「Google Search Consoleへようこそ プロパティタイプの選択」画面に入ります
get-google-search-console
登録するURLを入力 
》 「続行する」  をクリック
「所有権を自動確認しました」 と画面に表示されたら、Google サーチコンソール アカウントに追加完了です
Maru
Maru
Google サーチコンソール設置すると、あなたのWebサイトのいろんなデータが蓄積されます
データ分析に必要量が蓄積されるには、3ヶ月ほど時間が必要だよ
時々、サーチコンソールにアクセスして様子を見てみよう!

まとめ

  • 「Googleサーチコンソール」は、あなたのWebサイトのパフォーマンスが向上するように、Google先生の助言が聞けるコミュニケーションツール
  • 最初から使いこなせなくても心配しなくて大丈夫
    使っているうちに理解が進みます
  • 「Googleサーチコンソール」で分析したい範囲に応じて、プロパティタイプを選択しよう

 

BROOK’S 10gコーヒーお試しセット