「Really Simple SSL」でSSL化する方法

about-ssl
スポンサーリンク

 

PCでいろいろなサイトを見ていたら、URLに「保護されていない通信」と表示をみつけたのよ。なんか怪しいサイトでしょうか?

Maru
Maru

「SSL化していないサイト」ということです

  • SSL化って何なのか
  • WordPressプラグインでSSL化する方法
    について解説!

 

 

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
■お名前.com

スポンサーリンク

SSL化 とは

簡単に説明するなら、インターネット上を行き交う情報を暗号化、個人情報を保護するため安全にデータを送受信できる技術をSSL化といいます

Maru
Maru

盗み見しようとする悪いハッカーから、あなたの情報を守ってくれるよ

スポンサーリンク

SSL化しているか確認する方法

PCでWebサイトにアクセスして、PC画面上部バーにあるURLをみると、下図のような2パターンが表示されます

  • SSL化されていない場合
    「⚠ 保護されていない通信|http:// ~ 」と表示

about-ssl

  • SSL化した場合
    そのURLに「🔒(鍵のマーク)https:// ~ 」が表示

about-ssl

 

最近では、常時SSL化していないWebサイトは少数派
SSL化されていないサイトで、情報入力は危険なので注意しましょう

SSL化すると、データに🔒鍵をかけて送受信

ネット上で、悪意ある第三者が盗み見ようとしても、暗号化されているため解読できず

Maru
Maru

SSL化すると、インターネット上で安心してデータのやりとりができる

SSL化の効果

個人情報の保護

ネット上で、会員登録やショピングした際に入力する個人情報や閲覧履歴

  • 氏名
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • クレジットカード情報
  • Cookieや閲覧履歴ログイン情報など

これら個人情報は、悪用される危険性が高い

サイトの信頼が高まる

サイトを訪問している立場から考えると、「⚠保護されていない通信」と表示されると不安になって、すぐにサイトを離脱したくなってしまいます。

SSL化することで、サイト訪問者は「安心してブログを読むことができる」効果が大きい訳です。

SEO効果

2014年8月、GoogleはWebサイトを常時SSL化することを推奨

セキュリティを最優先事項と評価
検索アルゴリズムに「常時SSL化」をランキング判断要素にすることを発表

安全なサイト運営することが、SEO上、必須事項になります

各レンタルサーバー会社では、この流れに対応して無料SSL標準提供としているので助かります

 

レンタルサーバー エックスサーバー

マルチドメイン、サブドメイン
メールアドレス、FTPアカウント、全て無制限!

SSL化する方法

独自ドメイン(「お名前.com」などのドメイン提供会社で取得したドメイン)をアドオンドメインとしてサーバーに追加

設定反映まで時間がかかるので、少々待ちます。

設定が反映されると、「https://~」でアクセスできるか確認

SSL設定はドメインごとに設定

SSL証明書の取得

SSL証明書とは

Webサイトの「運営者の実在性」を確認し、ブラウザとWebサーバー間で「通信データの暗号化」を行うための電子証明書。認証局(CA)から発行されます。
SSL証明書には、ウェブサイトの所有者の情報や、暗号化通信に必要な鍵、発行者の署名データが含まれています。

SSL証明書は必要か

SSL証明書がなくても、SSLはできます。

目的は、認証局が発行するSSL証明書により「このサイトはSSL化されていますよ」と証明してもらうこと。

SSL証明書がないと、ブラウザが警告アラートを出してきます。

無料SSL証明書

SSL証明書はセキュリティレベルで三種類に分かれます。詳細は別な機会に説明しますね。個人ブログなので無料SSL証明書で十分です!

 

SSL証明書の確認方法

とりあえず、URLに鍵マークがついたけど、SSL証明書ってどこにあるの?
ちゃんとSSL証明書を取得できてるのかな?

URLバーの鍵マークをクリックしてみてください。「証明書(有効)」と表示されたらSSL証明書は取得できています。さらに「証明書」をクリックしてみると、証明書の詳細などが確認できます。


WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

リダイレクト設定

リダイレクトとは

SSL化の設定は完了しましたが、まだ問題が1つ残っています。リダイレクト設定です。

SSL化の設定は完了した時点では、ネット上1つのURLに

SSL化していないURL・・・・・・「http://~」
SSL化したURL・・・・・・・・・・・・「https://~」

2つが存在している状態になっています。

せっかく、SSL化したのに、「http://~」でアクセスできるなら、SSL化のセキュリティーを高める効果はなくなってしまいます。

そこで、「http://~」にアクセスしたら、自動的に「https://~」にリンクが飛ぶように設定する、これが「リダイレクト設定」なのです。

リダイレクトの設定手順

リダイレクトさせる方法は2つ

WordPressプラグイン「Really Simple SSL」でリダイレクト

プラグインを設定するだけで、あっという間に簡単にリダイレクト設定できるので、初心者におすすめの方法です。

.htaccessによるアクセス制御で、リダイレクト

.htaccessファイルにコードを書き加えることでリダイレクトできます。今回は、初心者向けに解説しているので割愛させて頂きます。

WordPressプラグイン「Really Simple SSL」でリダイレクト

Maru
Maru

リダイレクト設定をする前に、念のため確認!
プラグイン「Really Simple SSL」でSSLを有効化する前にサイトが「https://~」で表示できるか確認しましょう。表示できないままリダイレクト設定すると、当然ですがサイトが表示されなくなってしまうよ。

WordPressダッシュボード画面に入ります。

ダッシュボード左サイドバー
》 プラグイン
》 新規追加  をクリック
「プラグインを追加」画面に入ります。
「プラグインを検索」バーに「Really Simple SSL」と入力
》「Really Simple SSL」のアイコンが表示
》「今すぐインストール」をクリック
》  有効化  をクリック
Really-Simple-SSL

 

画面「SSLに移行する準備が整いました」
「はい、SSLを有効化します」をクリック
Really-Simple-SSL
これで、リダイレクト設定は完了です。

プラグイン「Really Simple SSL」設定後、表示された「作業待ち」とは?

「作業待ち」「進行状態が〇%」と表示されると、リダイレクト設定が完了していないのでは・・・・・・と不安になってしまいます。

安心して下さい。
プラグインからの、SSL化の確認を促すメッセージ機能です。親切に「あなたのサイトの設定は大丈夫か確認してね」のメッセージです

SSLが有効になりました。この記事をお読みになり、このサイトが安全かご確認ください。

サイトURLの鍵のマークをクリックして、「SSL証明書(有効)」か確認しましましょう。有効であれば大丈夫です。

Google アナリティクスと Search Console の設定変更

既に「Google アナリティクス」と「 Search Console」の設定している場合、サイトのURLを「https」に変更してあるか確認です。

設定変更を忘れると、正常なデータが測定されません。

リダイレクト設定の確認

URLバーに「http://~」にアクセスし「ENTER」してみましょう。
自動的に「https://~」にリンクが飛べば(これがリダイレクトといいます)、間違いなくリダイレクト設定ができていることを確認できます。

新機能 ! HttpOnly の secure cookie が自動設定されました !

プラグイン「Really Simple SSL」新機能の紹介です。なので、「非表示」をクリックします。

Maru
Maru

これでSSL化は完了です。

 

次はWordPressの設定をしましょう。